トップページ  > サエラ薬局について > サエラ薬局の取り組み

サエラ薬局の取り組み

SAERA PHARMACY'S Effort

保険薬局事業

医療機関から発行される処方せんに基づき調剤を行う保険薬局事業は、医薬分業における地域医療の一端を担う仕事です。正確な調剤は勿論のこと、服薬指導を通じてお一人お一人のニーズを汲み取り、心と体のケアに通じるような、真心を込めたサービスを心がけています。

サエラ薬局では、調剤記録のデータ管理、自社開発の在庫管理システムの導入、各店舗へのリスクマネージャー配置など、システムと人材の両面から安全管理に取り組んでいます。さらに、地域の医療機関との定期ミーティングを実施するなど、医薬連携も確立することで、患者様第一主義の精神に基づき、患者さまへより質の高いサービスを提供することで、かかりつけ薬局としての役割を果たしていく体制を構築しています。

調剤薬局としての次世代のあり方を目指して

サエラ薬局の事業は、薬剤を提供するだけではありません。
SAPプログラムにおける三ツ星(エキスパート)に代表されるような社会に役立つ人財の育成、各医療機関との連携、積極的なクリニックモールへの出店、復職・復帰支援サポートの実践など、その業務の幅は多岐にわたります。これら保険薬局事業を通じて患者様や地域社会に貢献することを根幹として展開しています。

  • SAPプログラムによる学習支援・人材育成

    SAPプログラムによる学習支援・人材育成
    地域医療の現場で活躍できる薬剤師を育成するために、SAPプログラムをスタートしました。薬の知識だけではなく、病態の知識やコミュニケーション能力など、現場で行かせる能力を学べる学習支援プログラムです。
  • リスクマネジメント

    リスクマネジメント
    リスクマネージャーを各店舗に配置し、機械化・システム化を進め、発生しうるヒューマンエラー防止のために、過去の事例共有、ミス傾向のデータ分析などを行い、患者様の安全安心に向けて、環境づくりに取り組んでいます。

地域に対する貢献

地域の皆さんへお役立ちしたいという思いで以下のような活動をしています。

  • 「健康教室」の開催

    「健康教室」の開催
    薬剤師は一昔前「町の科学者」と呼ばれていたのを知っていますか?
    サエラ薬局の一部店舗では、普段なかなか聞けない事や、患者様や地域の皆様に役立つ情報を提供する場として、健康教室を開催しています。
    基礎的な内容から、医療機関と連携した専門的な内容まで様々。薬局ならではの雰囲気で開催し、ご好評いただいております。
    また、全店舗で健康ニュースを配布。健康、病気、食、その時々の旬の題材にフォーカスした、役立つ情報を発信しています。
  • 「在宅訪問」で高齢者支援

    「在宅訪問」で高齢者支援
    患者様のお宅を訪問する「在宅訪問」を行っています。処方に基づいて患者様に薬を提供するのはもちろん、患者様だけでなく、医師や関係する医療従事者ともコミュニケーションを取ることで、より質の高い医療へつなげます。